サンダーマヌス+ディバインアーマー 製品レビュー〈後編〉

 サンダーマヌス ディバインアーマーと合体! 

前回ご紹介した「海外トイ Make Toys サンダーマヌス」は同梱の『ディバインアーマー』と合体して【ディバイン サンダーマヌス】に強化されます。

今回は【ディバイン サンダーマヌス】への合体をご紹介します。

サンダーマヌス 製品レビュー〈前編〉はこちら


サンダーマヌス 合体準備

武装を外して、腕部を収納

ビークルモードの状態にするわけですが、カバーの展開と拳の展開部分がとても固いです。個体差もあるとは思いますが、微調整を施すか気を付けて動かして下さい、


脚部を展開して伸長します

これがサンダーマヌスの状態

かかとの部分を展開し、いわゆる「下駄」を履く状態です。


サンダーマヌス合体準備完了

かかとの展開で脚部が長くなり、全体のバランスも変わります。

ちなみにこの状態では前屈みにしないと自立は難しいです。


ディバインアーマー ビークルモード

タイヤがありますのでコロ走行が可能です。

コクピットにあたる部分のブルーのクリアーパーツが綺麗です。内側はシルバーのメカパーツになっています。

キャノン砲がとにかく凄いボリュームです。


ディバインアーマー 合体準備

ディバインアーマーを分解して各「アーマー」の部分にします。

このディバインアーマーは分解は簡単ですが元に戻すのは結構なコツがいります。具体的には一部(強化腕部)のパーツがディバインアーマー時にカチッとはまらないため、他のパーツ取り付け時にポロポロ取れてしまいます。ちょっと残念。


ディバインサンダーマヌスへ合体!

展開した事でなくなっていた「かかと」にディバインアーマーの部品を取り付けます。

「ふくらはぎ」の部分にはディバインアーマーのスラスターパーツを装着


「もも」にディバインアーマーの装甲を取り付けます。この装甲はシルバーメッキ加工がされています。キラッとワンポイントが光ります。


「腰」にフロントアーマーを取り付けます。この部品はディバインアーマーのヘッドライトの部分です。


「腕部」にディバインアーマーの強化装甲アームを取り付けます。差し込んでジョイントで固定してカバーを被せる方法です。


二連キャノンを取り外した「肩部」に装甲を追加します。この装甲によって怒り型になってシルエットが大きく変わります。小さい部分ですが嬉しいパーツです。ロボットマニアの気持ちをよく分かっていらっしゃる。


「背部」にパックパックを取り付けます。

前回のサンダーマヌスのレビューでお伝えした点として、パーツ同士がパチッと合わない部分が若干あります。この背部が正にその状態でバックパックを取り付けると重さで後ろに垂れてしまいます(画像は何とか耐えている状態)ここは後程微調整が必須です。


サンダーマヌスの肩部二連キャノンを脚部に取り付けます。


「胸部」「ウイング」「キャノン砲」が一体化された装甲を「上半身」に取り付けます。

背部が垂れてしまう問題を先ほど記述しましたが、この装甲は背部のパーツともジョイントしますので一応は固定されますが、ジョイントがゆるいので微調整はやはり必要です。

ウイングの先端にはサンダーマヌスの手持ち武器であるブラスターを取り付け出来ます。


完成! ディバインサンダーマヌス!

素晴らしい!強化合体をするとスタイルが若干破綻してしまう事が多いのですが、このディバインサンダーマヌスは完璧に全ての形態が破綻なく再現されています。

肩部のキャノンの後ろには「剣」が収納されています。この剣が私の好きな剣狼のようなデザインでグッときました。


以上 ディバインサンダーマヌスのレビューでした。

この内容で15,800円程で購入出来ましたので、お値段以上の価値があると思います。

上級者向けの海外トイですが「Make Toys「」製のトイは比較的ですが初心者にも入り込みやすいのではないでしょうか。

ですが関節やハメコミ部に注意しないと破損につながる部分はそれなりに存在します。変形の際には意識して取り扱ってください。

もう一つの注意点として、、、、

ディバインアーマーの一部が破損していました。「ふくらはぎ」のスラスター部分が片側中身のパーツがありませんでした。

※左が正常なパーツで右のパーツには銀色のパーツがありませんでした。

折れた跡があったので製品の中に欠けた部分があれば自分で修繕するのですが、パーツ自体がなかったので自分ではどうしようもありません。購入は信頼できる代理店で行ってください。私は問い合わせを行い、後日パーツを送ってもらえる事になっています。

という事を差し引いても私の中の傑作玩具の一つに確実にカウントできます。

文句なくお勧めの玩具です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする